【Webライティング】ライティングの基礎とは?感情移入する文章

ブログ
この記事は約7分で読めます。

いつもありがとうございます。sorato24です。

Webライターとして既に3年目を迎えている筆者ですが、執筆記事数は3,000記事に到達しようとしています。いわゆる爆速ライターとして収入を得ているわけですが、記事の品質にこだわりが無いわけではありません。

SEO対策を検討する人は「オリジナル文章」を書く必要がありますよね。他のサイトや記事を参考にしながら、自分独自の視点を含めたオリジナル文章が求められています。しかし、考えるほどに「オリジナル」とは難しく、初心者であるほど嫌になります。

そもそもSEO対策でキーワードを含めた文章で、オリジナル文章など目指せるものでしょうか。今回は、Webライターとして活動する方々のために「感情を動かすライティング」についてお伝えします。

※ライティングスクール無料資料請求

ライティング初心者なら「勉強したい」と考えている人もいるはずです。ネット記事では「独学で大丈夫」という情報が多く、初心者ライターはいきなり仕事を受注します。しかし、発注者から見れば記事の良し悪しは一目瞭然です。「なぜダメなの?」と疑問を感じ、ライター活動が嫌になる前にライディングスクールで基礎を学ぶのもよいかもですよ。

未経験から3ヶ月でプロライターの思考力を習得

ライティングで感情を動かす文章を目指すには

文章には「正解」がありません。しかし、感動を作り出すには「過去」が深く結びついていることを理解すると、感動を作り出す「型」が存在することに気づきます。

小学生が書いたつたない文章も、プロが書いた文章も同じです。ただし、当然ながら読者の感情を揺り動かす文章が書ける可能性が高いのは後者に違いありません。

とはいえ、時としてつたない文章でも心打たれる表現に変化することがあります。

例えば以下のシチュエーションを考えてみてください。

  • 卒業式で子どもからもらった手紙
  • 結婚式で娘から読まれる手紙
  • 遺書として残された親からの手紙

文章の良し悪しなど関係なく、多くの人が感情を動かされる文章があります。なぜ人々は文章に感動し、ときには涙まで流してしまうほど心が動いてしまうのでしょうか。

当然ながら「過去の思い出」「過去の出来事」「過去の感情」が蘇り、手紙を読んだ瞬間に頭の中でまるで走馬灯のように思い出されるからです。

感動には3種類があります。

  • 突発的な感動(その瞬間に起こった出来事に対する感動)
  • 経験的な感動(過去を振り返ることで思い出される感動)
  • 想像的な感動(未来を考えることでワクワクする感動)

つまり感動には「現在・過去・未来」の時間軸が深く結びついているということです。

読者の過去に触れる文章とは

単に「過去に触れる」と考えると、嫌な思い出ばかりを思い出す人がいます。例えば失恋のときのつらさや、家族と喧嘩したり決別したりした瞬間です。

特に幼少期に感じた深い心の傷は、癒えることなく今も残っているに違いありません。

そこでWebライターとして活動すると「具体例」の中に「嫌な過去」を含んだ文章を執筆する人が多くなります。自分の過去を振り返り、心に刻まれた嫌な過去を思い出してしまうからです。

執筆者にとって重要な出来事かもしれませんが「読者にとっては関係ない」というのは誰にでも理解できるのではないでしょうか。

思い出してみていただきたいのは、小学生の卒業式です。大好きだった友人たちと別れ、中学へ上がる瞬間には、誰もが心のなかで「寂しい」と感じたに違いありません。

しかし、4月になり中学生になると「意外に普通」だった自分がいることに気づきます。もちろん新生活に対する不安を感じている場面ですが、中学の入学式で「小学校の出来事」を思い出す人は少ないのではないでしょうか。

過去を思い出している暇などなく、未来への希望と期待、そして不安で心が支配されています。

「感動」とはギャップ・共鳴

感動する文章とは、「過去から未来にかけての変化」を書いたものです。

例えば結婚式のときの娘の手紙には「過去に〇〇があったね」という内容が多く含まれます。しかし、最終的に旦那となる男性と幸せな未来に向かう決意を表しつつ、感謝の言葉で締めくくることが多いのではないでしょうか。

卒業式の文章でも同じです。1年生のころはダメだった自分がいても、6年生になってできることが増えたなど、数々の成長が述べられます。

遺書による感動は、実は感動ではありません。心が動くという意味では、感動には違いはないのですが、感情としては「悲しい」という感情です。

さて、「感動」を定義してみましょう。

筆者が考える「感動」とは、過去から未来への繋がりを述べ、変化していく過程を表したものです。言葉に共感を得られるのは、過去の経験と未来のイメージが一致したことに他なりません。

ここで「一致」という言葉を用いましたが、「一致」することを深く掘り下げてみます。

文章の「一致」とはオクターブ共鳴のようなもの

ピアノの演奏をしたことがある人なら、和音をご存知でしょう。また、「オクターブ」という言葉も知っているはずです。

特に「オクターブ」について、低い「ド」と高い「ド」のことを言いますが、きれいな音を奏でることは知られています。

文章においても、オクターブが演出できれば感動が生まれやすくなります。具体的には以下の手順を考えます。

  • 過去の夢(例えばサッカー選手になりたかった)
  • 現状(現状把握)
  • 未来の結果(サッカー選手になった)

わかりやすくスポーツ選手を目指した小学生を考えてみましょう。過去の夢はサッカー選手になりたかった小学生です。

中学に上がり、精神的な苦痛を感じたことでサッカーを辞めているかもしれません。高校生では勉強と部活動の両立ができなかったかもしれません。あなたにも同じような経験はありませんか?

しかし、その小学生はサッカー選手になって、プロとして活躍しているとします。

端的に書いた上記の文章でも、心が揺れる感覚がしないでしょうか。自分の過去と照らし合わせながら、「そういう過去もあるよね」という感情から「凄い!」という未来へ繋がります。

まるで1本の道をたどるかのように、過去と未来が繋がっていきます。

文章における「感動」とは、スタートと終わりが一致していることにあります。途中過程では落差をつけつつも、最終的に盛り返して最初の苦難を乗り越えたイメージが必要です。

さて、この記事をお読みいただいたWebライターの皆様。

文章を書くことがつらいと感じたことはないでしょうか。少しでも稼ぎにつながるように、Webライターを始めてみたものの、文字数や納期に追われ自分を見失う人もいるかもしれません。

毎日数千文字を執筆してみても、実際に入ってくる報酬は雀の涙ということもあるでしょう。

筆者も1日2万文字を執筆しながら、月収3万円も稼げなかった日々があります。つらくて悲しく、孤独な毎日です。

すぐに稼げるようになりたいと感じながらも、行動できるのはパソコンに向かって文字を執筆することだけです。

しかし、安心してください。

1文字0.1円でスタートした人も、2年後には1円以上の記事を執筆しています。なぜなら、文章は積み上げ式で経験値になるからです。

考えなくても良い文章が書けるようになり、読者を感動させられる文章が書けるようになります。今回の記事で知っておいていただきたいのは、「過去・現在・未来」の流れで読者にイメージを与えることです。

未来のあなたは優秀なWebライター

文章は、書けば書くほど上手になります。しばらく書かなくても、身についた能力が低下することは少ないと言えるでしょう。指先を動かし、頭を働かせて書いた文章は、あなたの経験値として残っているのです。

「型」を身につけるには「過去・現在・未来」の順で、記事をまとめてみることです。

読者に感動を与えることができ、あなたの文章を「また読みたい」と思ってくれる読者が集まるようになってきます。それでも早く文章能力を高めたい方は、スクールで「型」を学んでみるのが良いでしょう。

PREP方や起承転結、セールスライティングのイロハなど、Webライターにとって基礎となる情報を提供している企業はたくさんあります。

独自に努力し、時間をかけて文章を学ぶのも良いでしょう。Web記事に出会い、無料で学んでいくのは経験値です。しかし、即効性はありませんので、すぐに稼ぎたい方は株式会社YOSCAのライティングスクールで学んでみてはいかがでしょうか。

文章の「型」が理解でき、約3ヶ月後には文字単価1円以上のライターになる基礎が身につきます。

今なら無料で資料請求ができるので、参考として資料を読んでみるだけでもやってみてくださいね。行動することに価値があり、必ず結果は経験値から生まれます。

Webライターとは、積み重ねのお仕事です。どんな人でも諦めず、ひたすら文章を書き続けてみてください。sorato24程度の文章であれば、誰にでも書くことができるようになるはずですよ!

この記事でおすすめした株式会社YOSCA【ライターキャリア講座】はコチラです。

↓↓↓↓↓

【おまけ】現在までのJetpackのPV数

毎日更新すると、やはり少しずつPV数は増加するようですね。本日までのPV数は以下のとおりです。

毎日記録すると、自分自身を振り返るきっかけにもなりますし、明日へのやる気にもなりますね!

ブログを書いている方は、参考にしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました