初心者Webライター「何から始めればいい?」必要道具3つと「信ぴょう性」

ライティング
この記事は約25分で読めます。

Webライターを始めようと思うけど、何から始めればよいかわからない人がいます。「初心者」と名乗ることはできても「Webライター」と名乗って良いものかどうかわからないのではないでしょうか。

「Webライターと言える実績も経験もない」
「Webライターに必須道具って何?」
「初心者すぎて何から始めればよいかわからない」

Webライターと名乗るには、実績や経験が必要だと感じるのも無理はありません。TwitterやGoogle検索を行えば、優秀なライターの記事が並んでいるのです。

sorato24
sorato24

あなたが初心者であるほど「おこがましい」と感じるようになり、足を止めてしまっていませんか?

Webライターになるには「形から入る」という考え方もあります。実際にWebライターをしている筆者が、必要な道具3つと学ぶべき書籍5選を紹介します。

初心者Webライターに必要な道具3選

Webライター道具画像

Becca ClarkによるPixabayからの画像

初心者Webライターに必要なのは以下の3つです。

  • パソコン
  • ネット環境
  • 情報源

それぞれ解説するまでもなく、誰でも理解できるものでしょう。しかし、特に「情報源」について説明しておかなければいけません。

「パソコン・ネット環境」に関してはサラッと説明し「情報源」について詳しく解説します。

初心者Webライターの必須道具3選

Webライターを始めるために必要な道具3つを紹介します。多くの道具を紹介するのではなく、実際に必要なものだけをまとめます。

パソコン

Webライターを始めるにはパソコンが必要です。中には「スマホだけで仕事をしたい」という人もいるかもしれませんね。

sorato24
sorato24

スマホだけで仕事を受注することはできます。しかし、実際に執筆すると画像挿入などが難しいと感じるため、おすすめできないんです。

パソコンを選ぶのが苦手という人は、以下のパソコンから検討して見てください。「Webライターとして申し分ないスペックのパソコン」と「少し物足りないけど仕事ができるパソコン」の2つを紹介します。

Webライターとして申し分ないスペックのパソコン

「Lenovo ThinkPad X1」は、高性能な14型パソコンです。Webライターは文章を書くだけでなく、画像を選択したりリサーチをする必要があります。14型パソコンは持ち運びにも便利で、どんな場所でも執筆活動が可能です。

パソコンのネット処理速度に関係するCPUはCorei5を搭載し、リサーチのたびに煩わしい時間をとりません。中古パソコンながら、筆者も購入しようかと思うほどのスペックです。

少し物足りないけど仕事ができるパソコン

モバイルパソコンからLenovo Idea Padを紹介します。クロームブックと呼ばれるパソコンで、WindowsやMACと違ってGoogleアカウントがあれば使用できるパソコンです。

しかし、実際にはスマホを大きくしたようなスペックで、執筆活動には「Googleドキュメント」を使用することになります。アプリをダウンロードすることでワードやエクセルも使用できますが、パソコン本来の力は弱いと言えます。

それでも執筆活動自体に影響は少なく、副業としてWebライターを始めたい人におすすめです。クロームブックは低価格で購入できるので、稼いでからスペックが高いパソコンを検討するのもアリですね。

ネット環境

家庭で仕事をする場合、Wi-Fiなどのネット環境を整えておく必要があります。お住まいの地域によりWi-Fi環境は異なるため、お近くの電気屋さんなどでお聞きいただくと良いでしょう。

マンションやアパートで住んでいる人は、無料でWi-Fiが使える場合もありますよね。

sorato24
sorato24

Wi-Fiをつなぐ工事が面倒な人は、スマホのテザリング機能を使用するのもアリです。使用できるデータ量を増やし、テザリング機能を使ってノートパソコンをネットに繋ぐと仕事はできます。

ただし、ネット速度は個人の状態によるため、Wi-Fiをつなぐほうがおすすめです。

情報源

Webライターを始めると、様々な記事にチャレンジすることになります。記事を執筆する際、必ず必要になるのが「リサーチ」です。

リサーチとは記事に書く内容を「調べる」ことで、上位記事を読んだりペルソナ(読者)を想定するなど行います。初心者Webライターは「上位記事を調べる」ことができれば、執筆作業は可能になりますね。

sorato24
sorato24

Webライターとして、優先すべき「情報源の信ぴょう性」というものがあるため、知っておくと良いでしょう。

「情報源の信ぴょう性」について

「信ぴょう性」とは、記事に記載する情報が「どのくらい信用に値するか」ということです。例えば医療を用いて説明するとわかりやすく、以下のようになります。

  • 46歳のオジサンが書いた病気に関する記事
  • 医師歴20年の医師が書いた病気に関する記事

当然ながら、後者のほうが信ぴょう性が高い記事ということができます。

sorato24
sorato24

表記に惑わされると思いますが、どちらも同じ人が書いた記事です。

同じ人が書いた記事なのに「なぜ後者のほうが信ぴょう性が高いと言えるか」具体的に述べることはできるでしょうか。

情報の信ぴょう性には、以下のような基準があります。

  1. 国など公共施設が提供している情報
  2. 大学(企業)など専門機関が提供している情報
  3. 医師など個人の専門家が提供している情報
  4. 一般(Webライター含む)の人が書いた情報
  5. 誰が書いたのかわからない情報

例で紹介した「医師」について説明すると、3番の「医師など個人の専門家が提供している情報」だから信ぴょう性があると言えます。

しかし「46歳のオジサンが書いた病気に関する記事」は、一般の人が書いた情報として見られるため信ぴょう性が低いものです。

sorato24
sorato24

表記に惑わされず、実際に執筆している人が誰かを調べられるとWebライターとして信頼度が上がります。

Webライターとして情報を手に入れる際、参考にする情報源がどの程度の信ぴょう性があるか調べることもリサーチのうちだと心得ておいてくださいね。

初心者Webライターが学ぶべき書籍5選

Webライターが学ぶべき書籍画像

Hermann TraubによるPixabayからの画像

筆者が学ぶべきと感じる書籍を5つ紹介します。他のWebライターとは違い、初心者Webライターに「専門性」を身に着けていただくための書籍です。

少し難しい内容の書籍もありますが、自分自身に信ぴょう性をもたせられるのも「Webライターの仕事」です。参考にしてくださいね。

沈黙のWebライティング

もはや王道と言わざるを得ないほど、有名な書籍です。Webライターを始めるにあたり、読んでいなければ話にならないと言っても過言ではありません。ただし、SEO対策と呼ばれる内容は進歩しています。あくまで情報としてお読みください。

バナナの魅力を100文字で伝えてください

タイトルに興味が湧いた人も多いのではないでしょうか。良い意味で読者をバカにしているようなタイトルで、まさに心を惹きつけられます。バカにされたと感じつつも、内容を読んでみると圧巻と言うしかありません。

文章を用いて読者の心を引き付ける「種明かし」がされており、具体的な方法まで解説されています。Webライター中級以上の人も読んでみるべき書籍です。

物語の法則

シナリオライティングを検討している人は「物語の法則」を読んでおいてください。物語を作る上で「感動」を科学する方法が書かれています。書籍を購入するのも困難なほど困窮している場合、ネットで「ヒーローズジャーニー」を調べましょう。

ヒーローズジャーニーを元に生まれたのが「物語の法則」です。シナリオライティングは単価が高くなりやすい傾向にあるため、面白い内容が書ければ稼ぎやすいと言えます。

マーケターのように生きろ

副業としてWebライターを始めても、実際に仕事を受ける立場ではフリーランスと代わりありません。異なるのは「意識」であり、仕事内容は同じなんです。そのため、初心者Webライターは「心構え」を知る必要がありますね。

「どう考えればWebライターとして稼げるのか」
「これからの時代、生きていくための心構えは何か」
「案件が受注できずに嫌になってきた…」

個人が在宅ワークで悩む内容は、全てマーケターのように生きることで解決します。あなたの心の支えになる一冊かもしれません。

SEO対策のためのWebライティング実践講座

Webライターとして単価向上を目指すには「SEO対策」を理解する必要があります。逆に言えば、SEO対策を知らずに稼げるようになりません。具体的にSEO対策ができるようになるための実践講義が記載されています。

SEO対策についてはネット情報でも十分対応可能です。しかし、書籍で学ぶことにより繰り返し学習でき、自分の信ぴょう性を高めるための「学習」になります。

学習塾講師をしていたsorato24は、誰よりも「反復」の重要性を知っています。あなたも書籍を繰り返し読み、暗記する必要があるかもしれません。

まとめ

Webライターを始めるのは簡単です。本記事で紹介した3つの道具を手に入れ、クラウドソーシングなどで仕事を受注すれば良いのです。

しかし、多くの初心者Webライターが稼げずに作業を辞めてしまうのは、情報源を間違っているからかもしれません。

「Webライターは簡単に稼げる」
「Webライターは誰でもできる」
「Webライターは初心者に優しい」

これらの情報は正しいかもしれませんが、信ぴょう性は低いものです。

仕事をしながら学べる点において、Webライターは確かに始めやすい仕事かもしれません。しかし、実際に高単価案件を受注し、継続的に仕事を受けられるようになるには努力が必要です。

情報の「信ぴょう性」に目を向け、初心者であるうちに「自分に必要な情報の信ぴょう性」を確かめられるようになってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました